2008年06月01日

我的家乡(私のふるさと)



每个人都会对自己的家乡抱有十分深厚的感情。

我是在名古屋出生的。
但是我在绫渡已经住了二十年了。
所以我认为我的家乡是绫渡(足助町)。

现在让我介绍一下我村子和平胜寺的情况。

足助町在爱知县内的东北部。
许多人称饭盛山脚为香岚溪。
香岚溪是红叶非常漂亮的地方。
古时,足助町是有驿站的村镇。

绫渡的村落在海拔五百米的山上。
平胜寺在绫渡。

平胜寺是平安时代末期兴建的,创设以来已经有八百多年的历史了。

以前村里的大部分人都在村里耕地或者从事林业方面的工作。
我们山里的小村人口不多,总共有三十二户,人口一百二十左右。
可是五十多年前,到丰田找工作的人渐渐多起来了。
尽管是这样,我们村里人与人之间交往很密切,而且大家互相帮助,关系是很不错的。

平胜寺的主佛是观世音菩萨。

这个观世音菩萨佛像是国家重点文物。
这坐佛像是1159年制作的。

在院内的入口处有自然保护植物的大杉。

另外还有传统盂兰盆会的跳舞。
这是国家重点无形文化财产。



この記事へのコメント
ふるさとのお話、興味深く読みました。しかもほぼ完璧な中国語でした。一か所だけ
“我住在绫渡已经二十年了。”とありましたが、次のように直すと、より中国語らしい言い方になります。

 我在绫渡已经住了二十年了。

 昨日の文法の授業やったところですね。

 それから昨日書いたところの、「誰でもよかった」は
 “见谁杀谁“ とも言います。これがニュアンス的にもっとも近いかもしれません。あまりサツジンの話をするとよくないから、この辺で。

 
Posted by 薛鳴 at 2008年06月26日 11:46
薛鳴先生

 ありがとうございます。

 「了」の使い方が、身についていません。何度も何度も間違えそうです。
その都度、指摘してください。お願いいたします。
 「见谁杀谁」、本文もなおしました。
Posted by 一道 at 2008年06月26日 21:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。